ジャズ名曲まとめ1920年代

第1次世界大戦も終わり、好景気に沸くアメリカ。その一方で1920年からは「禁酒法」が施行され、都市には闇バーができ、それを取り仕切るギャングたちの力が強まっていった時代でもありました。特に有名なのが、シカゴを根城にしていたアル・カポネです(彼を題材にした映画は姉妹サイト「映画知ろう人」で紹介しています)。

そんな時代のジャズはどのようなものであったかというと、すでに商業的な側面が強くなっており、レコードなどの技術発展によってますます大量消費される音楽ジャンルに変貌しました。派手になったエンターテインメント業界に呼応するかのように、「ビッグバンド」と呼ばれる、大人数での演奏がブームになりました。

  Chicago(シカゴ)
  20年代を体現するようなこの曲は、1922年にフレッド・フィッシャーによって作詞作曲されました。歌詞の内容はとにかく「シカゴ賛歌」といったところでしょうか。しかし当時ギャングが支配する街をあえてこのように歌ったのだとも解釈できます。1957年にフランク・シナトラが歌ったバージョンが有名です(ちなみにシナトラも裏社会との癒着が噂されており、ある意味この点も皮肉に思えてきます)。
  The Man I Love(私の彼氏)
  アイラ(詞)とジョージ(曲)のガーシュウィン兄弟が1924年に作った、ミュージカル用の楽曲です。
 

Tea For Two(2人でお茶を)

  もともとは歌詞はなく、後付けされたものです。
 

My Blue Heaven(私の青空)

  1927年にヒットしたポピュラーソング。